News

    • 2022.05.13 Fri 10:04

    マシュー・ガンディー教授(英国ケンブリッジ大学)「ナートゥーラ・ウルバーナ(都市の自然)」─映画上映会および講演会/Screening and lecture: “Natura Urbana”: Ecological Constellations in Urban Space Professor Matthew Gandy (University of Cambridge, UK)

    2022 年 6 9 日(木)
    Zoomにてオンライン開催
    使用言語:英語
    要申込(定員300人)
    申込〆切:202267日(火)
    主催:東京工業大学 未来の人類研究センター
    お問合せ:fhrc@ila.titech.ac.jp

    Thursday, June 9, 2022
    Held Online via Zoom
    Language:English Only
    Registration required
    Maximum 300 people can join
    Application Deadline
    Tuesday, June 7, 2022
    Organized by
    Tokyo Institute of Technology, Future of Humanity Research Center (FHRC)
    Contact
    fhrc@ila.titech.ac.jp

    2022年6月に未来の人類研究センターでは、都市研究会が新しく始まります。通常はクローズドの研究会ですが、第1回のみ、ケンブリッジ大学からマシュー・ガンディー教授をゲストにお招きして、ガンディー教授監督のドキュメンタリー映画上映と講演会+ディスカッションという公開イベントを開催いたします。使用言語は英語のみになりますので、ご注意ください。

    The new urban study group that will start in June 2022 at Future of Humanity Research Center, is usually a closed study group, but for the first meeting only, it will be an open event: screening and lecture, inviting Professor Matthew Gandy from Cambridge University.  Please note that the language will be English only.

    チラシ(日本語) flyer(English)

    第一部 16:15-17:35
    上映:ドキュメンタリー映画「ナートゥーラ・ウルバーナ(都市の自然)」(71分)
    (英語字幕あり)
    上映開始前に木内久美子准教授からの挨拶、並びに簡単な解説と日本語あらすじの配布があります。

    第二部 18:00-20:00
    講演(40分)
     マシュー・ガンディー教授(ケンブリッジ大学)
    ディスカッション(80分)
     コメンテーター:土肥真人准教授(東京工業大学)
     司会:木内久美子准教授(東京工業大学)
    冒頭に未来の人類研究センターの伊藤亜紗センター長からの挨拶があります。
    ディスカッションの時間には会場からの質問も受け付けます。

    Part 1  16:15-17:35
    – screening (71min.)
    "Natura Urbana“ (2019) directed by Professor Matthew GANDY
    (with English subtitle)
    ※Prof. Kumiko KIUCHI will give a brief introduction to the film.
    ※A brief description and synopsis of the film (in Japanese) will be shared before the screening.

    Part 2  18:00-20:00
    – lecture (40 min.)
       Professor Matthew GANDY (University of Cambridge)
    (English-only)
    - discussion
       Commentator: Professor Masato DOHI (Tokyo Institute of Technology)
       Facilitator:Professor Kumiko KIUCHI (Tokyo Institute of Technology)
    ※Part 2 will begin with welcome address from Prof. Asa Ito, Director of FHRC.
    ※Questions from the audience will be accepted during the discussion.

    • お申し込みはコチラから、または以下のQRコードをスキャンしてください。
      Please register HERE or scan the QR code:

     

    近著『ナトゥーラ・ウルバーナ(都市の自然)』では、社会学や環境学における都市空間研究では見落とされがちな周縁的なものに焦点が当てられている。本講義では、生態学的な多元世界(pluriverse)という理論的なフレームワークにおいて、観察という手法を環境学の政治性や人間以外の他者の受容といった主題の理解に応用することで、都市空間における新たな環境の可能性を探る。

    Professor Matthew Gandy will present arguments from his new book on urban nature by exploring a series of different vantage points for the study of socio-ecological assemblages in urban space.  He will reflect on the possibilities for a new conceptual synthesis that combines observational approaches with urban political ecology and the recognition of non-human others within the ecological pluriverse.


    マシュー・ガンディー教授について

    ケンブリッジ大学地理学科教授。受賞歴をもつドキュメンタリー映画作家。研究領域は都市空間におけるランドスケープ、インフラ、多様性。コロンビア大学、カルフォルニア大学、ベルリン技術大学、ベルリン・フンボルト大学等で研究員を歴任。現在ハンブルグ高等研究所に特別研究員として在籍し、都市空間におけるレフュジアについて新たな著作を執筆中。著書に『コンクリートと粘土:自然に形づくられたニューヨーク市』(MIT出版・2002年)、『空間の織物:水・近代性・都市の創造力』(MIT出版・2014年)、『蛾』(レアクション・2016年)、『ナトゥーラ・ウルバーナ:都市空間における生態学的布置』(MIT出版・2002)、編著に『水の都市:水と近代都市』(カンプス・2006年)、『都市の布置』(jovis2011年)、『音響の都市』(jovis2014年)、『植物の都市』(jovis2020年)。

    About Professor Matthew Gandy:
    Matthew Gandy is Professor of Geography at the University of Cambridge and an award-winning documentary film maker.  His research interests span landscape, infrastructure, and urban biodiversity.  He has been a visiting scholar at Columbia University, New York; the University of California, Los Angeles; the Technical University, Berlin; the Humboldt University, Berlin; and the University of the Arts, Berlin.  His books include Concrete and clay: reworking nature in New York City (The MIT Press, 2002), Hydropolis: Wasser und die Stadt der Moderne (Campus, 2006, co-editor), Urban constellations (jovis, 2011, editor), The fabric of space: water, modernity, and the urban imagination (The MIT Press, 2014), The acoustic city (jovis, 2014, co-editor), Moth (Reaktion, 2016), The botanical city (jovis, 2020, co-editor), and Natura urbana: ecological constellations in urban space (The MIT Press, 2022).  He is currently a fellow at the Hamburg Institute for Advanced Study and is writing his next book on urban refugia.

    映画「ナートゥーラ・ウルバーナ」について
    「ナートゥーラ・ウルバーナ:ベルリンの原っぱ」は、戦後のベルリンの歴史を紐解きながら、周縁的な自生植物の織り成す多様性が都市空間にもたらす可能性を探っている。都市空間における自然にたいする作為のないデザインというアプローチが、人文地理学、都市研究、環境学などの分野で高く評価されている。

    About the film:
    “Natura Urbana: The Brachen of Berlin” explores the potential of spontaneous and marginal nature and its diversity and heterogeneity in urban space in unfolding the socio-political history of the wasteland or “Brachen” in Berlin. Its unique insight into non-design approaches to urban nature has received acclaims in human geography, urban studies and ecology.